結婚披露宴の費用は見積もりをしっかり作ってもらうことです

MAIN IMAGE_WeddingParty

結婚式をするうえで気になることはどのくらい費用がかかるかということでした。
リゾートでの挙式と結婚披露宴をするということは決めていたので、あとはその式場を決めるということでした。
費用についてはいろいろな人から契約後にどんどん高くなっていくということを聞いていたので、なるべく実際にかかるお金として見積もりを出してもらうように注意しようと心がけていました。
結婚披露宴に対して莫大のお金がかかるということはわかっていても、払えないほどの金額までになってしまったら困るから、あらかじめ予算をプランナーさんに伝え、これ以上は出せないということを伝えました。
初めて式場を訪れたときに勿論見積もりを出してもらいました。
その際に伝えたのは、平均的に予算を出してほしいということでした。
そして、必要かもしれないと思われるものはすべてつけておいてほしいということです。
装花はその人次第と言われても、結局プランよりも追加している人が多いのならば、あらかじめ見積もりに入れてほしいということです。
見積もりからいらないものを削除するということは自分たちでできるけれども、あとからプランでは食事がさみしいとかプレゼントが安すぎるとかになって見積もりよりも高くなるということを避けたかったからです。
また、食事の値段の種類、ドリンクの種類などはあらかじめ聞いておく方がいいと思いました。
値段だけ教えてもらっても、実際の内容と見合わないということがあるからです。
そして、見積もりを作ってもらってすぐに契約というわけにはせず、一度持ち帰って冷静に値段と向き合いました。


一度冷静になるというのは大切でした。
式場を目の前にして浮かれない女性はいません。
素敵なところならばなおさらにここで挙げたいという気持ちが強くなって、値段や内容など細かなところに気が付きにくくなるからです。
一度持ち帰って、足りないものはないだろうかと結婚情報誌を見ながら考えました。
気になるところは、契約前でもプランナーさんにメールで聞いたりして細かなところまで対応してもらったからか、契約時の見積もりと最終的な見積もりはほとんど変わりませんでした。
また、契約する前に細かな料金表ももらっていたので安心でした。
聞いたところによるとあとから、リハーサルメイクにいくらかかるかわからないという友人もいました。
プラン以外の値段はわからないというのでは、最終見積もりが恐ろしくてたまりません。
披露宴を考えるにあたって、費用のことでもめるのは一番避けたいところです。
費用について隠さずに教えてくれているところだからこそ私は安心して予約することが出来ました。
自分で追加したものに対しての見積金額のアップであれば納得がいきますが、見積もりにかけていたが本来追加するべきものがあったというのでは納得がいかないものです。
式場を決める際には、費用に対する相手の対応を見極める必要があると思います。
そして、一番高い見積もりを作ってもらってそこから削っていくことの方が断然気持ち的にも楽です。
ペーパーアイテムを手作りしたり、ウェルカムボードを友人に頼んだりと節約するところと、譲れないところを考えて披露宴を作り出すことが大切なんだと思いました。

こちらのhttp://www.theaudienceconference.com/には、
一度は聞いたことがある「ジューンブライド」についてのお話が載っています。
ジューンブライドが有名なため、6月は大変人気らしいので、会場の予約はお早めにしましょう。